全自動ポテトカッティングプランター ビートタッパー 会社案内
十勝農機株式会社

ごあいさつ
当社は1945年(昭和20年)10月に十勝の芽室町で創業。
北海道及び十勝の畑作農家の皆様に育てて頂いた農機具製造会社です。
北海道の基幹産業である農業、その中でも主に「ポテト」、「ビート」関連の
農機具を、設計から製造まで独自の技術で製品化し、提供しています。

春作業の主力製品としてポテトプランター(馬鈴薯播種機)
秋作業の主力製品としてビートタッパー(甜菜茎葉処理機)
を製造しています。
これら製品の北海道内での市場占有率はポテトプランターで85%以上
ビートタッパーで70%以上と、多くの農家の皆様にご使用頂いています。

農家の皆様の要望に耳を傾け、製品の改良・性能向上、
そして新製品の開発に挑戦しています。

■会社概要


社名
代表取締役
会社設立
事業内容
資本金
本社所在地


販売
十勝農機株式会社
飯島美樹雄
昭和20年10月
畑作用作業機の製造・販売
1,750万円
〒082-0038 河西郡芽室町西8条8丁目2番地
TEL 0155−62−2421
FAX 0155−62−5650
日農機株式会社
■会社沿革
昭和20年10月 創業者飯島宮治が、河西郡芽室町上美生に於いて畜力用畑作農機具の製造と販売を個人経営により創業する。
昭和25年 3月 畜力用肥料蒔機・播種機を開発。製造販売を開始。
昭和28年10月 河西郡芽室町本通3丁目に工場移設。
昭和31年 7月 株式会社飯島製作所として法人組織に変更。
昭和35年 7月 十勝農機株式会社と社名変更。
昭和39年 3月 傾斜回転円盤方式のポテトプランター、豆類用ユニットプランターを開発。製造販売を開始。
昭和40年 3月 自動高低方式の5畦用カルチベーターを開発。
製造販売を開始。
昭和42年 9月 ビートタッパーを開発。製造販売を開始。
昭和47年 3月 「種芋切断装置」を開発。ポテトプランターに装着し販売。
昭和47年 7月 河西郡芽室町西工業団地に新社屋を建て工場移転。
昭和49年 北海道地方発明展で発明奨励賞を受賞。
昭和49年 3月 採取専用型ポテトプランターを開発。製造販売を開始。
昭和50年 8月 豆類のニオ積機を開発。製造販売を開始。
昭和52年 3月 全自動ポテトカッティングプランターを開発。製造販売を開始。
昭和53年 7月 代表取締役に飯島美樹雄が就任。創業者飯島宮治は会長に就任。
昭和56年10月 第1回科学技術振興功労者表彰でポテトプランターの開発に対して科学技術庁長官賞を受賞。
昭和59年 3月 ポテトプランター低床型を開発。製造販売を開始。
昭和61年 3月 「種子芋踏圧のフミフミローラー」開発、販売を開始。
昭和62年 9月 「PTO駆動ビートタッパー」製造販売を開始。
平成 4年 5月 北海道農業機械工業会の優良農業機械施設開発改良表彰で「ポテトプランター」が会長賞を受賞。
平成 5年10月 組立工場を新築
平成 6年 8月 「新型ニオ積機」を製造、販売を開始。
平成 7年 9月 特許機構を組み入れた「新型PTO駆動ビートタッパー」の製造販売開始。
平成 8年 5月 北海道農業機械工業会の優良農業機械施設開発改良表彰でニオ積機が会長賞を受賞。
平成12年 9月 北海道地方発明協会表彰で「PTO駆動ビートタッパー」が発明奨励賞を受賞。
平成15年 9月 新たな特許機構を組み入れた「新型PTO駆動ビートタッパー」製造販売。
平成19年 3月 「改良型全自動ポテトカッティングプランター」の製造販売を開始。
平成19年11月 帯広税務署より優良申告法人表敬状を受ける。
平成20年 5月 北海道農業機械工業会より感謝状を受ける。
平成23年11月 新社屋建設
主な製造機種
全自動ポテトカッティングプランター ipa2 全自動ポテトカッティングプランター ipa4 全自動ポテトカッティングプランター ビートタッパー ST-727 全自動ポテトカッティングプランター ST-747 全自動ポテトカッティングプランター